読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私をつくるもの。

時々LIVEと日々のこと

5月6日 ライブ

3月の後半からライブの感想をきちっと書けないまま、過ぎていってる。

そんななかで、私が行く予定のライブ、とうとう最後の日が来てしまいました。



ライブは、

一言で言うなら、すごくいいライブでした。

城ホール、3年前に別バンドのライブに行った帰り道で。次来るときはここで、NICOのワンマンがいいなって思ったこと思い出しました。
城ホールでのライブ発表があったときも会場にいたから、嬉しくて、拍手をやめられなくて。事実、会場の拍手は、いつまでもやまなかった。
5月6日はNICOの皆さんの夢が一つ叶った日でもあるけど、私にとっても、夢が叶った……というにはおこがましいけど、思いが叶った日でした。

終わった瞬間から、また城ホールで演るNICOを聞きたいと思いました。またNICOの音楽が、聞きたくなりました。


NICOって不思議なバンド。なかなか離れようと思っても離れられない。



ひとつだけ、両渦で私が一番好きだったのは夜の果て、です。一番を決めるのなら、ですが。

(TOKYO Dreamerのスペアナも綺麗だったし、Shangri-laの話からの行方は特別だった。ストラトも泣きながら聞いた。一つひとつの曲をあげたら、きりがない)

夜の果ては、前に初めて来てくれた地元公演で演奏してくれた曲で、暗闇の街で選ばれた曲 が、苦手になって……。正直、すみません。

でも、渦でみた夜の果ての景色は違ってました。
無限で、すごく綺麗でした。星空が広がってた。

本当に真っ暗な田舎では、星がとても綺麗に見えるんです。真っ暗な果てのような場所だけど、見えるものは無限な時がある。

夜の果ては、本当はこういう曲だったのかな。そう思いました。

今回の演出は、暗闇のなかでは終わらない、光を感じられました。私は勝手に救いのように思って、大きな会場での夜の果てを好きになってしまって、あ、どうしよう笑

取り急ぎ、感想を少し。もっともっと書きたいことあるのに。こんな言葉だけでは足りないライブでした。明日から、何を楽しみに生きていったらいいの?……笑