私をつくるもの。

時々LIVEと日々のこと

8月7日 醒めない展@渋谷タワレコ


f:id:nyiocuo:20160903223400j:plain



出張前から決まってた東京行き。いろいろありまして、今年から東京にいることが多いのです。理由は機会があれば書くとして、

地元に帰る前に、寄ってきました。
醒めない展。



f:id:nyiocuo:20160821081731j:plain



f:id:nyiocuo:20160821081758j:plain

私にとってスピッツは、初めてファンクラブなるものに入ったバンド。好きな曲はサンシャインです(どうでもいいか)。

奥に進むと一人用の小さな三角のテントがあり、そこに入ってVRを楽しむ(入場料とは別です)。
スタジオでの「ブチ」が流れてきて(他のテントで同じ曲が流れてきたかは不明)、最後にマサムネさんが、よしよし、と頭を撫でてくれる。子供に戻った気持ち。


ほんの数分の異世界。癒し時間。




f:id:nyiocuo:20160821082858j:plain



f:id:nyiocuo:20160821082922j:plain



f:id:nyiocuo:20160821082931j:plain



f:id:nyiocuo:20160821082954j:plain


一番驚いたのは、マサムネさんのとこにThink PINKがあったこと。私も少し前に何かの雑誌で書評を読んで、本を買って読んでいたので、ま、それだけなんだけど、おぉ!という気持ちになりました。
この本によると、今の私は職業として「ピンクカラー」らしい、重労働だけどね。

ちなみに私は大人になるまでピンクは好きじゃなかった。今も大好きじゃないけど、抵抗はなくなった。年を取ればとるほど、いろいろなことを、よく言えば許せるし染まったふりもできるし、悪く言えば、頓着しなくなってきて、こわい。

f:id:nyiocuo:20160821084118j:plain




f:id:nyiocuo:20160821083006j:plain

7月22日 WEAVER@テレ朝夏祭り

急に出張が入りました。
あー、嫌だよー、この出張。本気で嫌な出張でした(笑)。

私、だいたい出張の夜は、仕事先の方との飲み会がなければ、ライブに行くようにしてまして、今回は↓にいってきました。


f:id:nyiocuo:20160903213949j:plain

WEAVERは、昨年も出演されてるんですね。会場、ライブハウスでも思ったんですが思ったより男性もいるし、年齢層も幅広いかも……

前日から東京にいたのですが、雨もひどくて、寒くて、西日本はカラカラの夏だったから辛くて、でも、ライブは雨も降らず、暑すぎず快適でした。

セトリ
1.Overture
2.Shall we dance
3.くちづけDiamond
4.僕らの永遠
5.さよならと言わないで
6.サマーチューン
7.ティンカーベル
8.Boys&Girls
EN
1.トキドキセカイ

……たぶん……


f:id:nyiocuo:20160903214943j:plain



f:id:nyiocuo:20160903215021j:plain

7月1日 ロックロック@なんばHatch

いつも最後でチケットが奇跡的にあたる。楽しかったな。

何が良かったか、そりゃ「歩き出せ、クローバー」です。

CD聞いた時だってすごく嬉しかった。好きなスビッツ、スビッツを歌うNICO、ええと、Y、グラスホッパーとならんですごく好き!

NICOは曲数少なかったんだけど、好きなバンドが好きなバンドの話は聞きたいじゃないですか!

な訳で、最高な夜でした。

NICOセトリ
1.バイシクル
2.手をたたけ
3.歩き出せ、クローバー
4.ウソツキ
5.天地ガエシ

スピッツセトリ
1.メモリーズ・カスタム
2.海とピンク
3.五千光年の夢
4.僕はジェット
5.みなと
6.女々しくて
7.渚
8.エスカルゴ
9.8823
EN
1.醒めない
2.野生のポルカ


f:id:nyiocuo:20160903212840j:plain



f:id:nyiocuo:20160903212904j:plain

6月16日 WEAVER@松江canova

久しぶりにライブだった。
にもかかわらず、20分も遅れてしまった……

会場に入ったときはちょうどwelcome!だった。

仕事で間に合わないかも、無理かも……そう思いながらも足が向いたのは聴きたい曲があったからで

それでまた、私は自分自身が過去に生きていることを実感する。


それにしても、大人になってましたね、3人とも。格好いいって言われるのわかるわ。いつぶりなのか……
留学してから、みんなに届けたい音楽が溢れてるっていってました。

WEAVERって米子も出雲も、今回の松江も来てくれていて、そういうのとても嬉しい。なかなかこの地を踏んでくれないバンドさんは多いのに。

MCもよかったです。べーちゃんの宍道湖七珍とか、松江で日本酒を飲んだ話。金五郎……とか、お客さんの方がついていけなくなるという……

このツアー、他の地に行くことは出来なかったけど、またWEAVERのライブに行くだろうと思いました。久しぶりに楽しい夜でした。


f:id:nyiocuo:20160903211701j:plain

5月6日 ライブ

3月の後半からライブの感想をきちっと書けないまま、過ぎていってる。

そんななかで、私が行く予定のライブ、とうとう最後の日が来てしまいました。



ライブは、

一言で言うなら、すごくいいライブでした。

城ホール、3年前に別バンドのライブに行った帰り道で。次来るときはここで、NICOのワンマンがいいなって思ったこと思い出しました。
城ホールでのライブ発表があったときも会場にいたから、嬉しくて、拍手をやめられなくて。事実、会場の拍手は、いつまでもやまなかった。
5月6日はNICOの皆さんの夢が一つ叶った日でもあるけど、私にとっても、夢が叶った……というにはおこがましいけど、思いが叶った日でした。

終わった瞬間から、また城ホールで演るNICOを聞きたいと思いました。またNICOの音楽が、聞きたくなりました。


NICOって不思議なバンド。なかなか離れようと思っても離れられない。



ひとつだけ、両渦で私が一番好きだったのは夜の果て、です。一番を決めるのなら、ですが。

(TOKYO Dreamerのスペアナも綺麗だったし、Shangri-laの話からの行方は特別だった。ストラトも泣きながら聞いた。一つひとつの曲をあげたら、きりがない)

夜の果ては、前に初めて来てくれた地元公演で演奏してくれた曲で、暗闇の街で選ばれた曲 が、苦手になって……。正直、すみません。

でも、渦でみた夜の果ての景色は違ってました。
無限で、すごく綺麗でした。星空が広がってた。

本当に真っ暗な田舎では、星がとても綺麗に見えるんです。真っ暗な果てのような場所だけど、見えるものは無限な時がある。

夜の果ては、本当はこういう曲だったのかな。そう思いました。

今回の演出は、暗闇のなかでは終わらない、光を感じられました。私は勝手に救いのように思って、大きな会場での夜の果てを好きになってしまって、あ、どうしよう笑

取り急ぎ、感想を少し。もっともっと書きたいことあるのに。こんな言葉だけでは足りないライブでした。明日から、何を楽しみに生きていったらいいの?……笑

マッシュ!

久し振りに本屋に行って
購入

f:id:nyiocuo:20160409000658j:plain

MOEは中原淳一さんの特集だったけど、菊池亜希子さん載ってた~


マッシュはほんと好きだなぁ……

勇気も愛も@名古屋

名古屋に向かう途中はどんよりしてた天気も、着いたら晴れて暑かった……




f:id:nyiocuo:20160320082318j:plain



f:id:nyiocuo:20160320082326j:plain

私は金曜日、お世話になった部長さんの送別会で、たいして眠らないまま名古屋に来たからどんよりしてました。


みそかつ食べて元気出すぞぃ。
f:id:nyiocuo:20160320082452j:plain

今回は2階。3月は年度末だから何があるかわからなくて先行でとらなかったから。ほぼ満員の1階。

愛がテーマのSE。今回は私がわかる曲もあって嬉しい。洋楽きかない私がわかるくらいだから、普遍的な人気の曲なんでしょう。


1曲目~2曲目、そうアルバム発売前の初日に聞いたからこの流れはアルバムよりいいな、と思ってしまいます。軽やか。

イメトレからのイメトレ。古くんのギターソロが最近のでなくて、嬉しい。このソロのメロディ大好き、からの

TOKYODreamer。


MC
アコギの話。
20代最後のライブだった、トレジャー。どしゃ降りで、自分の20代を連想させた(そんなに酷かったのか……?)。今日は30過ぎてからの初の名古屋ワンマン。晴れてよかった。
トレジャーでギターの正面と壁面の間がぱっくり開いて……でも直って、今日はこのギターのリベンジ。

春らしい曲ということで、祥太郎さんの口笛から。
すっごい上手!口笛にまでアレンジが!何なんだこのバンドは(笑)

笑顔になれる曲だよね~これ

ブギウギルティは、(ニコじゃんかな?)みっちゃんが、さっかんに、ルティって誰?って聞かれた話してましたけど、私も同じく聴くまではルティのご機嫌な歌だと思ってました。今はなんとも好きな曲。

ストロベリー。ミラーボールがきれいでそればかり見てしまう。
踊ろうぜ、名古屋、ってみっちゃんが、言って始まる。ベリー色の光、ブルーの光。
まったくもって土日くらいぶっ飛んでたいです。

途中でバンジーになるのも、かっこいいよね。

ウソツキからの、
バイシクル。

別日、別曲になったそうで私はもう聞けないかと思ってた。よく考えたら関東2回目だったから、セトリ変わったん……ですよね?

何回も書くけどバイシクルは孤独じゃなくなったから好きになりました。泣きながら聞いていた。

さらに力強い曲になる。ローハイドは暗闇に光が差すような、そんな気がしました。


妄想隊員Aは、タオル回してる人もちらちら。私はコンタクトなので自殺行為は行いません。手首をまわしてました。

ニワカ。この曲のメロディ聞くと、あぁもうすぐ終わっちゃうっていう気持ちになる(笑) 最近後半の定番じゃないですか?
みっちゃんのスキャットすごくいい。
声も楽器。体全体が楽器。

まっすぐなうた。この曲の歌詞が好きで。君に光をさすために、っていう歌詞。大好きな音楽によって光が差してくることは本当にある。かなりあがっているときに流れてくるから、いつもにましてじわじわ来ました。

勇気も愛もないなんて。
この曲の前に、勇気や愛についてみっちゃんが話すこと、ぜひその場で聞いてほしいなぁって思います。うろ覚えのレポとかじゃなくて、みっちゃんの声で、形で。

あと、MCどこだったか忘れちゃったな、古くんが最近勇気を感じた出来事があって、それが駅からZeppに行く途中の、ナナちゃん人形のことで。

ヤマダ電機に買い物に行った古くんが、ナナちゃんに気づき、顔バレしてるから、こんなことしたらファンをなくしちゃうかも、とか思いながら勇気を出してナナちゃんのスカートの下を覗いてみた、という話です(笑)微笑ましい(笑)

でも私も初めて名古屋に来たとき、びっくりした(笑)謎の大きさだし、何か謎(笑)


あと、みっちゃんが途中、
今日はスモークすごくない?
……なのか、みんなの熱気か……?って言ってたけど、名古屋すごくあつかった、いろんな意味で!


EN1
April
ちょっと早いけど……って言いながら始まった。

スウェットに着替えて
EN2
僕は30になるけれど、でした。
いつもの通り、ステージで4人並んであいさつしてはけたあと、おもむろにみんな戻ってきた……と思ったら!
古くん「みんなで写真撮ろう!」って自撮棒が……
ヤマダ電機にはそれ↑を買いに行ってたらしいです。



私は2階は写らないかな……って思ってたんですけど、みっちゃんが「2階も写ってるよ」っていってくれたので、ポーズ取ってしまったわ…………

正面と左右、3枚撮影してTwitterにあげてくれてました。画像みると、楽しかったなぁ~ってしみじみします(笑)






今回は、たくさんツアーにはいけないんですけど、変な意味じゃなくて本当にNICOのライブは大切な時間。なにものにも代えがたい。

地方から行くのは時間ががかかるし、実際、次の日は仕事だったから、私は慌てて帰りました。滞在時間は6時間くらいかな?でも、満たされた気持ちで、帰り道に見上げた名古屋の夜空は都会でした(笑)。

満たされた、と言えば、ライブ前に自分の買い物をちゃっかりしました。もう10年以上も気に入って使ってたキーホルダーがちょっと前に壊れてしまいました。付けてたものは家の鍵から車に、また家に……っていろいろ変わっていったけど、キーホルダーは折れるまで使っていました。
買い換えたくないくらい好きだったので気に入るのを探してたんだけど、思い出に、名古屋でキーケースを。日頃使うものを買っておいてよかったな。佳き日の思い出に。

f:id:nyiocuo:20160321204822j:plain


f:id:nyiocuo:20160321204902j:plain